スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな変化

新学期、新生活が始まりました!
ビーンがもう小学生だなんて!


入学2014



もうビーン(豆粒)ちゃんとは呼べないくらい大きいから
あだ名も変えています。今は・・・・”ちゃっちゃら”。
最近のビーンちゃっちゃらはバレエをがんばっています。
毎日ストレッチ。私も一緒にやってみたりしています。


バイラも高学年。
勉強の習慣がついてきました。良いことだ。
学童まで、びーんちゃっちゃらを迎えに行ってくれたり、朝も彼女と
一緒に登校してくれたり、頼もしいところも出てきました。感心してしまう程。
忙しい私のお手伝いもよくしてくれるようになりました。
口答えが多くなってきたけど、成長の現われなんだよね、きっと。
時々「おいー!!」という事もやっぱりしてくれちゃいます。
でもその数は激減しました。



二人のピアノ教室も変わりました。今度は近いし、良い感じ。


早いような、やっとここまで来たような・・・・。
私はついにアラフォー突入。
また家族4人、気持ちも新たにがんばろうー!そんな毎日を過ごしています。



毎年この時期に同じ場所で撮ってる二人の写真。

いつもの写真2014


ビーンは小さい時から背が高め。
バイラはどちらかというと背が低め。

今はほとんど同じくらい。

バイラはそれが嫌らしい…

みんなに背の事を言われると悲しい~そうな。

2014 謹賀新年

みなさん、明けましておめでとうございます。

Yatiotti家族四人元気に新たな年を迎えております。
みなさんはいかがですか?



私達、今回のクリスマス&お正月は日本で過ごしました。
クリスマスとお正月、共にガッツリとお祝いして
たらふくいろんなものを食べ、少々胃腸が弱っています・・・。


バイラもビーンも今日から小学校&幼稚園の3学期が始まりました。

ビーンは残り少ない幼稚園生活。十分に満喫してもらいたいです。
年末、お友達からの嫌がらせで登園を嫌がる状態になったりしていた
ビーン。幼稚園の先生と私、周りのお友達、そしてもちろんビーン本人、
みんなで乗り越えました。がんばった!


冬休み明け、また登園を渋るかなと思っていた私に、
「マミイ、私、もう●●ちゃんの事で泣かない!!だってマミイがちゃんと
 ●●ちゃんに言ってくれたし、きっと大丈夫だと思うから」と力強い発言でした。



******************************
誤解の無いように補足しておくと・・・
最初はビーンの力で、乗り越えてほしくて、親の私が前面に立たないように
していました。

毎日のように家でビーン、バイラ、私で作戦会議を開き、ビーンも一生懸命
それを、嫌がらせをするお友達相手に実践してがんばっていました。
(「やめて!」と強くはっきり言う。その場で先生に言う。避けて他の子と
いるようにするなどね)

私は私で、担任の先生と相談しながら、家でビーンを励ましたり、突き放したり、
なだめたり、一緒に辛くなったり、泣いて嫌がるビーンを抱えて車に乗せて(辛かった・・・)
何とか幼稚園に連れて行ったり、スキンシップを多く取るようにしたり、
ビーンの素敵なところを大げさに言って自信を持つようにしむけたり・・・

でもビーンが嫌だなと思い、「やめて!」を言い始めてから1ヶ月を超えてきて、
何の効果もなく、相手の嫌がらせは日に日にエスカレートしてきていました。
担任の先生も注意してくれていたのですが、その子は担任の先生が話を
終え、別のところへ行くと「ばっかじゃない!」などと捨て台詞を吐く始末。


さらには「今日は誰をいじめよっかー。ビーンは絶対いじめよう!」
などと言いながら先生のいない時を選んで、
嫌がらせをし始めてきていたのです。体への暴力は無かったのですが、
言葉で執拗にいろいろなことを言い続けていたそうです。ビーンも気にしなきゃ
いいのですが、なかなか毎日、付きまとわれながら言われ続けるのは
やっぱり苦痛ですね。先生もビーンの言っている言葉の「ウラ」が取れた
とおっしゃっていましたし、期間も長くなってきていたので、

もうそろそろ潮時かなと思いまして、
先生の許可を取って、朝の園庭で、先生、ビーンの見ている中、
その子にはっきりやめるように物申したのでした。

「『やめて!』といっている相手に嫌がらせを続けてはいけない。
それはあなたも知っているんじゃない?頭が良いから。
いじめよう!ってお友達と言いながら、相手がいやなことをするのは、自分でも
いじめてるとわかっているんだよね。それは完全にいじめ。悪いこと。
いじめはしてはいけないの。ビーンはビーンママにとって世界一の宝物。その宝物
の心をひどいかたちで傷つけているあなたに、ビーンママはとっても
怒っています。それを今日は言いに来ました。もう2度としないで!
次にしたら承知しません。」



相手の目を見ながら冷静に低い声で言いました。

その後で園長先生や副園長先生ともお話する機会があって、
「でしゃばりママでごめんなさい」とお伝えし、その子のママにも(知り合いでした)
事の経緯を説明し、「大切なお子さんにでしゃばった真似してごめんね。
でも子供同士で解決できそうになく、もう期間が長かったので・・・・」と
お伝えしました。お母さんも、重く受け止めてくれてきちんとその子と
話をしてくれました。

以前ビーンが、そのお母さんに、●●ちゃんが嫌がらせをして困っていると
言いに行ったときは「言っても聞かないんだー。●●が、何か嫌なこと言ったら
言い返してやんなー」などと言っていたので、今回はお母さんが動いて
くれてよかった、とホッとしたところでした。
*****************************

長くなってしまいましたが、そんなことを乗り越えてのビーンの発言だった
だけに、私は目頭が熱くなると同時に、娘ビーンを誇りに思ったのでした。



そして、バイラはというと、とってもいい調子で成長しているんじゃない?
と思います。もちろん、相変わらずお調子者で目立ちたがりで、おいおいっ
というところも多々あるのですが、少しずつ、さじ加減みたいなものがわかってきた?
ようで(ようやっと、ですが。)突拍子も無いことをしでかして、
私が理解に苦しむ、ということが減ってきました。

将来の夢もあるんだそうです。
「今存在しないものを作りたい!できれば空飛ぶ車をつくりたい。それを
安く売って、有名になって、テレビとかで取り上げられたい。」のだとか・・・。

バイラらしいや。


夫さんは、相変わらず楽天的に、マイペースにがんばってくれています。
仕事で大変なこともあるんだろうけど、私には言いません。
お正月は際限なくゲームをし続け、バイラが
約束を破っているのを容認して一緒にゲームをさせていたので、
私にゲームを隠されました。かわいそうに。。でもしかたない。

そんな年末年始のYatiotti家族なのでした。


こんな感じのすったもんだの私達。今年は何回ブログ更新ができるかも
わかりませんが、よろしくお願いします。


皆さんにとって2014年が幸多く、実り多いものになりますように!

夏の終わりに

あの、豆粒のように小さかったビーンが・・・・
ティッシュでできているんじゃないか、すぐくしゃくしゃに壊れて
しまうんじゃないかみたいなやわらかなビーンが・・・

来年はピッカピカの一年生。

最近は怒られる事も多くなってきました。
それも成長の一つだね。自我がちゃんとできてきてるって事だわ。

なぜかビーンの場合はそんなふうに子育てを冷静に考えられる。

話は戻して・・・・っと。


あれほど緑色がいいといっていたランドセル。
オーパに買ってもらうために一緒にお店に行ったら、
いきなりこの濃いピンク色に即決したらしいビーンです。



      ランドセル130921


バイラと一緒の天使の羽根のランドセルがよかったんだってさ。

なんだかんだ言って、やっぱりお兄ちゃんにあこがれているんだな。
私もそうだったから、その気持ち、わかる。


ごっ機嫌なビーンなのでした。

おーぱ、おーま、ありがとう。


夏の終わりにプールに行きました。
natunoowari130910.jpg
台風接近でプールなんかに入らなくたって全然涼しかったこの日・・・水の冷たかったこと。冷たかったこと。
震えながら流れるプールで流れてましたから。すんごく空いてましたから。
・・・このラーメンが体に染み入ったわーのひとコマ

テキサスに帰省2013夏

去年は色々あってクリスマスに帰省しなかった私達。
今年は夏にテキサスに行ってきました。

    朝のひとコマ
    hard130831.jpg



      あちらにいるお友達と・・・
         teeth1308.jpg


    親戚と一緒に森のコテージで数日間過ごしました。(夫の妹とビーン)
   anti1308.jpg
    川で遊ぶ→プールで遊ぶを繰り返し、BBQしたりゲームしたり・・・
    すごく楽しかったです。
    夜、360度パノラマの星空はやばいほどに神秘的で美しかった。



水着の写真が多かったので、こちらにアップできる写真は少なかったです。
すいません。

空港にて。
airport1308.jpg



こどもが大きくなって、移動はずいぶん楽になったけれど、
こどもが大きくなった分、経済的にも色々考えると、
毎年あちらに行くのはこれから難しくなるのかもしれない。


でも私達が来るのをとても楽しみにしてくれている人たちがいて、
私たちのことを、私たちの子供のことをあんなにも愛してくれる
グランマ(夫のお母さん)がいる。
それだけでも行く意味や価値がある。
お金には変えられない・・・か。
でも教育資金や老後資金はどうだい・・・?


う~ん。
悩む私でした。
(夫さんは特にそういうことは深く考えません。。私がそういう事を相談しても
我関せずです )

そう、彼は”ミスター気にしないマン”ですから・・・・オイっ


何はともあれ、帰省そのものはすばらしく良い旅でした。

プロフィール

yatiotti

Author:yatiotti
ようこそ!
テキサス出身の夫と、好奇心旺盛で活発な息子(9歳)とちょっと大人びた甘えん坊娘(6歳)との日記です。
どうぞゆっくりしていってくださいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。