スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てって・・・・

数あるブログのなかからこちらに訪問してくださってありがとうございます!!
ゆっくりしていってくださいね   
            (大切な写真たちですので、写真の無断複製・転用はご遠慮下さい。)



今日の記事はちょと長いです。時間の無い方はスルーしてください。


子育て論をかざすつもりは無いけれど・・・・
私は、バイラとビーンをできるだけのびのび、好奇心や個性
をつぶさないように育てたいと思っきたし、今も思っています。


だけれど、最近特にバイラに関して、口やかましくしかる機会が多くて・・・・
あまりにガミガミ言うのは私も嫌だし、彼も嫌だろうし、教育上それは
良くない部分もあるのかもしれない。
でもだからといって、そのまま放置することは彼の将来を考えると
マイナスだろうと思って。


その内容とは・・・
○食事中のマナー
 (食べこぼしやくちゃくちゃ食べ、お箸の持ち方とか、途中で手遊びをしないとか)
○勉強するときは一気にやれー
 (宿題をやるにも途中でおしゃべりを始めたり、消しゴムで遊び始めたり)
○何かする前に考えなさーい
 (好奇心旺盛なのは良いけれど、考えずに行動するから周りの人に迷惑
  をかけたり、ルールを破る結果になったりが多いのです)
○挨拶はキチンとせよー
 (頭が他の事でいっぱいだと、挨拶もせずにしゃべり続けてそのままその場を
 去ろうとするバイラ。習い事や学童の先生に毎回そうなんだ。アメリカでも
 誰かがハーイ!ってバイラに声をかけてくれても無視!
 人間として、それは無しだろーっ!いったい何年マミイは挨拶のことを
 言い続けばいいのだー?)


一日に何度言うせりふだろうか・・・・。


ふもーっ!となってしまう忍耐力の無い母ちゃんです。
フンっ!もうー!まったくーっ!の短縮形)



バイラの幼稚園時代に、先輩ママさんに「小学校に行けば少しは楽になるかなあ」
といったら、「何言ってんのー?小学校行ったらもっと大変よ~。今の状態に
プラスして勉強せいっって言わなくちゃいけなくなるから~」と言っていたのを
思い出す今日この頃です。


     himawarinotane120209.jpg
     私には無いいいところもたくさん持っているんだけどね。
     世界で一番大好きな息子なのにね。
     こんな、ひまわりの種を一生懸命食べてる姿なんて、かわいすぎて
     たまらないのにね。(若干ハムスターにも見えてきますが・・)




あまりに汚い、雑に書かれた連絡ノート(毎日書いてきます。明日の持ち物とかを)
yarinaosi120209.jpg
を書き直しさせられているバイラ。

最近は、宿題のプリントも0なのか6なのか分からないもの、殴り書きの
ひらがな(漢字は割りと丁寧に書いているのが不思議)
も書き直しを(私から)やらされているバイラ。

さらに今朝は私がタイムキーパーとして、
「ほら、急がないと、もう○分だよ。遅刻しちゃうよ」を言わないでいてみたら・・・
案の定、支度が終わる前に時間が来て、
近所の、一緒に学校に行くお友達が来てしまい、待たせては悪いと
先に行ってもらったら、今度はバイラ、私に車で送っていってもらえる!と
さらにのんびりしだしました。


私が「学校まで、車では送らないよ。歩いていきなさい!」と行ったら、
泣き出しました。ちょっと厳しかったかもしれないけれど、
そうして実際に体全体で、感情も含めて経験してもらうしかないんだろう
とも思ったんです。

それに急ぎ足で歩けばぎりぎり登校時間内に間に合う時間だったし。


ふー、しつけや子育ての裁量
(どこまでは手を貸すor声をかける。どこからは突き放す)って、難しい。

まだ、6歳なのだから、大人のようにできるのは無理って分かっているけど、
がんばって欲しい部分もある。
あー、でもまだ6歳か。(3月末でやっと7歳、クラスのみんなと同じになります)


こちらのビーンは、まだまだその段階ではないし、バイラとは正反対で、
割と手がかからない子です。他人のことも目につくタイプで、
いろんなことをしっかりやろうとするタイプ。甘えん坊ですがおませです。

 先日、ビーンの手の甲が黒くて、もさもさの毛のように見えてびっくりしたら・・
       この写真は何回か洗った後。
   tenokenanoka120209.jpg
 ビーンの担任の先生が手の甲にメモを書いているのを見て、真似したく
 なったそうです。でもビーンはまだ字が書けないから、ぐるぐるを書いたそうな。


wish2120209.jpg


ビーンが小学生になったら、私は彼女にも
がみがみな事を言うようになるのかしら?
そして、そんな口うるさいマミイにビーンは憎まれ口をたたいたり、
ため息をついたりするようになるのかな。なるよね、きっと。

いつまでも天使のままなわけがないもんね。成長していく
大人になっていくって、そういうことだもんね。

子育てって、喜びや得るものも多いけど、ちょと切なかったり、寂しいことも
あるんだなあ。


ああ、陣痛に耐え、痛みを乗り越え、バイラを、ビーンを
この私の体から押し出したそのときの喜びをいつも忘れないように、
この子達に接していこう。

そして、親として、人生を長く生きてきて経験を多くしてきた人間として、
彼らに伝えておかない事は伝える、何度でも。時には心から怒るし
しかる。

でも彼らは彼らで、私とは別の人間だから、私の思うように動かないから、
という理由で、また私の望む選択をしないからといって責めたりは絶対に
しないようにしようとも思うのでした。


自分自身のための覚書の意味のこめて、書きました。

長い文章を最後まで読んでくださったかた、ありがとう。

もしよければ、あなたのご意見も聞かせてください。



 
 被災地の子供たちが、心から笑える瞬間がたくさんありますように。
 被災地の方の状況が一日でも1時間でも早くより良くなりますように!
 被災地の方が寒さに凍えることなく、冬を無事に越せますように!
 
 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!
お帰りの際、ポチっと応援クリック頂けたら嬉しいです!!
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ←こちらをクリックすると他のハーフちゃん子育てブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中)
           ←click here to vote for this article.

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ←こちらをクリックすると他の国際結婚ブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中) 
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆかっちさんへ

育児は育自だね。

ゆかっちさんはすごいなあと思うよ。私もそんな風に子供に接しられたら
どんなに良いだろうと思うけど、ついつい感情的になってしまいます。

いろんな疲れもたまっているしなあ。

太陽みたいな母ちゃんを目指して、またがんばるよ。

いつも親身になってコメントくれてありがとうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

親って当たり前だけど子供と同じ年だけ親をしているから子供が0歳なら親歴0歳、子供が10歳の今自分も親歴10歳。でも、10歳の娘を持つ親としては始めての経験。だからやっぱり子供が何歳になろうと、何もかも自分も未経験な事ばかりで必死ですよね。

うちでは、上の子が小さい時手のかからない子でそれはそれは楽な子だったけどやっぱりお年頃になった今、本当に反抗期でどうした物かと。私もいつも厳しく言い過ぎたかな、怒っている自分も大人げない態度をとってしまったなって後悔ばっかりです。でも、今思い返せば自分も10歳くらいの時、親と一緒に出かけたくないとかいちいち言われるのがウルサいなーって思っていたなって。
子育って、本当に難しい!!!

No title

どうも~!

連絡ノートの書き直し、うちと一緒だー!って思ってしまいました。w

硬筆とか習ってないし、文字の練習は学校の宿題だけなので
貴重な「書く」って作業は、雑に終わらせてると、私もきちんと丁寧に
書きなおすまで寝かせません。w

めんどくさくて、しんどいことも、コツコツ取り組むっていう作業って
こういう時くらいしかまだ機会がない1年生だから
毎日同じことの繰り返しのようでも、小さな成長に気付いたときは
ほんと、子育てって大変な分、遣り甲斐のあるものだって思いますよね♪

私も口うるさい母ですが、いざ一人立ちしたときに
私の声が、彼の中にしっかり残ってくれるのを祈りながら
毎日ガミガミがんばってます~!
一緒にがんばりましょー!

No title

自分と子供は別の人間だから思うように動かない・・・その通りだと思いました。
でも男の子はガミガミ言われると「聞き流し上手」になるそうです。
気をつけて下さい。
子育ては奥が深いと思います。その子の人生の土台を作るのですから責任もあります。
うちでは、夫婦共々、褒めて褒めての育児を心がけるようにしました。
やってはいけない事をした時は真剣に叱りますが「分かった」と言えばそこで終わりにしています。
今年5歳になる息子ですが、この1年そうする事によって、いざ叱った時に、ちゃんと聞いてくれるようになってきました。
子供も親が笑っている顔の方が好きだと思います。
笑顔の多い子育てで、お互い子育てを楽しみたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みゆきさんへ

元気ですよー。お久しぶりです。
ご丁寧なコメント、ありがとうございました。

そうそう、実はうちの夫さんも、今回のこのこと、できてないこともあるんですよね。
大人ですから、バイラとの程度の差はもちろんありますが(笑)
私だって、完璧な人間じゃないから、直し所は沢山あります。
それを考えると、子どもにあれやこれや言うのは気が引けたり
するときもありますが。


でも子育てって、こういうふうに悩んだり、喜んだりしながら
模索していくものなんでしょうね。万人にとって完璧な育て方なんて
無いのでしょうから。

時々、こうして噴火したり、そのことを反省したり、自分の子育てを振り返ったり、
皆さんの意見を伺ったり・・・・それの繰り返しでこれからもいくんだろうな。

これからもよろしく!

hunnybunny さんへ

うん、うんとうなずきながら読ませていただきました。
確かに私もまだ親歴もうすぐで7年なだけですからね。
それにバイラは一番目の子だし、男の子だから理解しにくい部分もあるから悩んで当然なのかも。

10歳で、もう反抗期ですか?でも、反抗期も絶対に必要で、子どもだけでなく親にとっても
超えなければいけない壁なんですもんね。
hunnybunny さんも、毎日奮闘してらっしゃるのですね。
励まされます。ありがとうございます。


男の子は小さいときが大変。
女の子は大きくなってからが大変。
と聞いたことがあります。

うちもそんな感じになるのかな?
怖いような、楽しみのような・・・。

これからもどうぞよろしくです!!

Bom さんへ

こんにちはー。

やっぱり、やらせてらっしゃいますか?連絡ノートの書き直し・・・。

字は別に美しくまでは私も求めてはないのですけどね、
ただ、自分が今書いている字だと、誰が読んでも識別できる字
を書いてほしいという・・・。

でも、最近は注意しているような字も見えてきているので、
少しずつは変わってきているのかも、とほっとしています。

>いざ一人立ちしたときに
>私の声が、彼の中にしっかり残ってくれるのを祈りながら
>毎日ガミガミがんばってます~!

そう、私もまったく同じ考えです。今は無理でもいつか本人が
納得する日がきっと来るはず。そう信じています。

一緒にがんばりましょうね。

sinkaijin@子育て研究中 さんへ

初めまして。コメントありがとうございました。
鋭いご指摘、確かに!と思いました。

私も好きで、ガミガミ言いたくて言っているわけではなく・・・・
時にはガミガミ言いもしますが、同時に私は彼を沢山褒めて
いるほうだとも思いま。ただ褒めすぎもまた害があるだろう
とも思うことも最近あったりします・・・。

植物も、水や栄養などは、足りなくてはかれてしまうけれど、
与えすぎもこれまた植物をダメにしてしまうみたいな・・・。

何でもやりすぎはダメなんでしょうね。
そのさじ加減が難しいなあと思ったりしています。

確かに「聞き流し上手」になられて、本当に伝えたいことまで
聞き流されたら困るし、かといって採用面接で
「僕は褒められないと不安になりますから、沢山褒めてください」
などというような青年になってほしくもないし。。
(実際そういう発言をした学生がいたそうです。)

ガミガミや、ひどく怒られることにもある程度免疫をつけることも
社会人になったときのことを考えると必要な気もしたり・・・
(社会人になったらこれでもかと怒られ続けることもある。
 そんなときにポキっと折れてしまわない柳のような精神も
 持っていて欲しい・・みたいな)
でも、あまりに言い過ぎて、本人の良いところまで萎縮していって
しまっては元も子もないし・・・・う~ん。と悩んでいたのです。

私は多くを「教えよう」としすぎているのかもしれません。

伝えるべきは淡々と伝え、それ以外は笑顔のマミイ。
悲しいことがあっても、家に帰ればほっと落ち着く。
そんな家庭が理想なのですが・・・
まだそこへの道は遠いです。

ゆかっちさんへ

ひどい経験をしたね。傷つくなあ~私も。それは私は抗議しに行ってしまうかもしれない。
そういうのは、軽はずみに使っていい表現ではないと思う。

ゆかっちさんは大人だね。対応が。見習わなくてはと思います。

そうそう、心が傷つくような経験も、後になってみれば、
絶対その子や親にとってプラスになると思う。
そういう経験を積んだ人でなくては得られない考え方や優しさってあるから。

お互いがんばろう!(楽しく笑顔で!だね)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まいほさんへ

感情だけで怒ること、あるよ。
まだまだです。

「子どもは3歳までに親孝行を全て終わらせる」みたいなことを
聞いたことがあるけど、確かにそうかも・・・。
これからさらに修行の日々が続きそうです。

またよろしくね。
Secret

プロフィール

yatiotti

Author:yatiotti
ようこそ!
テキサス出身の夫と、好奇心旺盛で活発な息子(9歳)とちょっと大人びた甘えん坊娘(6歳)との日記です。
どうぞゆっくりしていってくださいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。