スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二の国語(バトル付き)

数あるブログのなかからこちらに訪問してくださってありがとうございます!!
ゆっくりしていってくださいね   
            (大切な写真たちですので、写真の無断複製・転用はご遠慮下さい。)





昨日はバイラの日本語の国語について書きました。
順調にいってますと・・・。


今日は彼の第二の国語、英語の学習についてです・・・。


これが、なかなか大変です。


なぜならバイラは英語を学ぶ現実的な必要性を感じていないから。
バイラはクリスマスのアメリカ帰省時以外
英語の必要性は感じることがないのです。
これについてはもう、私はダディの責任と感じています。
日本にいて、日本語の学校に行っていて周りは日本語であふれている
のに、ダディが今まで子どもたちに日本語で話しかけ続けてたから・・・。



私はバイラが生まれたときから、ダディには英語で話しかけて欲しい
と言いつづけてきたのですよ・・なのに・・・。
ダディはそれほど真剣に捉えていなかったのです。



(最近、ダディは心を入れ替えて、英語でバイラに話しかけていますし、
これから土曜日は私の仕事が入ってくるので、ダディとの英語の時間
が必然的に出てきます。だから変わってくるかもしれません。
それを願っています。)



さらに今年から、現地の小学生が使う国語の教科書を使って
ダディが英語の読み書きを教えるようになったら、バイラにとって
英語の読み書きは嫌いなものへと変わってしまいました。

私=悲しい

でも理解できる。ダディはスパルタです。あまりほめないし、
課している内容は英語が母国語ではないバイラにとっては
難しいものばかり。

    eigobenkyou110916.jpg



じゃあ、私が教えれば・・・と思いましたが、ビーンのアルファベット
などを教えつつ、バイラのこちらの小学校の宿題やその他の勉強も見つつ、
バイラのピアノも見つつ、家事・育児をしつつ、自分の仕事のことも
しつつだと、完全にキャパオーバーですから、やっぱり土日は何も
することがないダディにやってもらいたい。


私は英語を第二言語として学んできた身として、また、英語を
学ぶ人たちをサポートしてきた身として、ダディに「こうしたほうが・・・」
的なことを言うのですが、ダディは言うことを聞かないのですよね。
一向にやり方を変えないのですよ。この頑固者!!



そんなこんなで、バイラがダディと英語学習をする土曜の午前中は
*バイラ:英語の読み書き=やりたくない!
*私:ディがそんな教え方をするならダディには英語を
    教えて欲しくない!私が教えたほうが楽しくできる!
    (バイラは私と英語をやりたいと言います。楽しいもんっ!!)
    その代わり、家事とビーンのことをやってくれー。
*ダディ:英語は僕の母国語。僕が教えたい!


のバトルが繰り返されています。


これ、ほんとに私の悩みの種です。




バイラには、なぜ私達が彼に英語を学んで欲しいのか、なぜ
彼が学ぶ必要があるのかを毎回きちんと言って聞かせてるのですが・・・

バイラもそれは理解しているのですが、「でも難しい、めんどくさい
ダディが厳しい・・」・なんですよね


 
    投げやりな気持ちがよく現れてる・・・
    eigobenkyou2110916.jpg


日本にいて、ハーフの子を持つ日本人のお母さんたちで、パパの言語を
勉強させてらっしゃる方はどのようにお子さんのモチベーションを
維持させてらっしゃるのかなあ?

うちの場合は教え方を変えれば変わると私は思うんですが・・・
だって、習うのが楽しかったらぜったい嫌がらないはず・・・。


うーん。どうやってバイラのやる気をだしていこうか。
こりゃ、私の腕の見せ所だな。(ポジティブに行こう)


バイラは英語の漫画(cartoons)は大好きで、
TVで見るアニメは90%が海外のものだから、
彼の好きなアニメの漫画本から攻めてみようかな。


 
 被災地の子供たちが、心から笑える瞬間がたくさんありますように。
 被災地の方の状況が一日でも1時間でも早くより良くなりますように!
 日本の復興・復活が一日も早くかないますように。
 
 




最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!
お帰りの際、ポチっと応援クリック頂けたら嬉しいです!!
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ←こちらをクリックすると他のハーフちゃん子育てブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中)
           ←click here to vote for this article.

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ←こちらをクリックすると他の国際結婚ブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中) 

スポンサーサイト

コメント

初めまして!

初めてコメントさせて頂きます。なんだか他人事ではなくて、コメントしちゃいました。
うちには3歳の息子と1歳の娘がいます。パパがアメリカ人で日本に住んでいます。

英語教育の悩み、よ~~~く分かります。うちはパパが8割方英語で話しているので今のところ息子はスイッチが入ります。パパ&スカイプのグランマ他以外は日本語です。
今のところ幸い、いろんな言語に対する興味はあるようですが・・・。成長して行く間に変わるんでしょうね。

みなさん、どうされてるんでしょうね。
これからも参考にさせてくださいね。
お互い、がんばりましょう!

No title

我が家もダディは厳しいよぉ。
いつもドリ男は泣く泣く英語の勉強をしてるんです。
「えっ?!こんな日にまでしなくても・・・」
なんて思うこともしばしば。

毎日、英単語のカード読み書き、PCで読書をやってるみたいです。
週末はテストもあり、私なら逃げ出したくなりそうです(笑)

私も、本人の意思で楽しくやるのが一番だと思うんですが、スパルタダディに私は口出しはできません。
難しいですよね。
でも、将来的にバイリンガルになれば、それだけ世界が広がるわけだから、子どもには頑張ってほしいです。              

決して

他人事には思えません!!

我が家でも言語が『勉強』になる日が近づいています(><)
今は日・英とも『自然に』聞く・話すを身に付けていますが、読み・書きは『自然に』っというわけにはいかないんですよね。

夫婦でもいつ頃から読み・書きを『勉強』の形にもっていくべきなのか話し合ってはいるものの・・これと言った結論もなく。汗

今は「まみーだいすき」「DADDY I LOVE YOU」など簡単な言葉を手紙に書いてわざわざポスト(我が家の)に入れ私たちに渡してくれます。私たちも返事を書いてポストに入れています。それを見ていると、やはり読み・書きも『相手がいて』なのかな~(教科書やワークブック相手だけではなく)と思う事も。
最近ではカナダのオパ・オマ(我が家でもこう呼んでるんですよ^^)に手紙を書くようになりました。カナダ移住後は日本で出来た大切な友達への手紙書きで日本語の読み・書きに意欲を示してくれたらいいな・・・っと思っているのですが・・・・どうなることやら。

これからもバイラ君の英語学習・・・参考にさせていただきますね。

yokkoted

はじめまして!
初コメントありがとうございました。嬉しいです!

理解して頂けて、またまた嬉しいです。

成長していくにつれて確実に変わっていくと思います。
入園や入学を機に・・・。

またいい案などあったら、ぜひこちらこそ参考にさせてください!

スージーさんへ

ですか?やっぱり・・・。

「スージーさんのところはどうなのかなー?」って実は思ってました(笑)
でも、さすがに記事に「スージーさんのとこはどうですか?」とも
書けず・・・。

こうしてコメント頂けて感謝です。


英単語カードの読み書き、PC読書かあー。
テストまであるとは・・・うちのダディよりスパルタですね。
うちのバイラも泣く泣く(というかホントに泣いてます)
踏ん張ってますが・・・。

何とか、「大変だけど少し楽しいとこがある・・」みたいになって
くれたらなあと強く思います。
彼にとってピアノはそう感じるそうなんですけどね・・・。

諦めずに細々と、嫌でも少しずつでもやめずにがんばって欲しいです。
継続は力なり!ですもんね。

airaさんへ

お久しぶりです!

『相手がいて』というところ、すごく納得!

ですよねー。言葉ですもの、相手がいるのといないのとでは
モチベーション変わってきますよね。

こりゃ、夫の家族にもっと協力してもらおうかしら?

目からうろこでした。ありがとうございました!!
Secret

プロフィール

yatiotti

Author:yatiotti
ようこそ!
テキサス出身の夫と、好奇心旺盛で活発な息子(9歳)とちょっと大人びた甘えん坊娘(6歳)との日記です。
どうぞゆっくりしていってくださいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。