スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな一歩

数あるブログのなかからこちらに訪問してくださってありがとうございます!!
ゆっくりしていってくださいね   
            (大切な写真たちですので、写真の無断複製・転用はご遠慮下さい。)


今日の記事は、長いです。

でもわたし的に、記録としてどうしても詳細に残しておきたかったので・・・。
時間の無い方は、スルーしてお時間のあるときにどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



バイラの入学、ビーンの入園があって、少し落ち着いてきて、
少しずつ働きたい気持ちが出てきた私。

ただ、何かあっても頼れる親・親戚が近くにいるわけではないというがネックでした。
バイラとビーンには平日私しかいない。
(夫さんはそう簡単に仕事を休めないし、帰宅時刻も遅いから)
そういう状態で、ぶきっちょな私が働くことによって、バイラやビーンに
負担や悪い影響が出るのなら、やっぱり仕事はまだ始めないほうがいいよな
とも思いました。


でも(私が考えるに、)私が働いたほうがいいと思える点もいくつかあって・・・。
単純に収入源が増えるおいう経済面だけでなく

ビーンが入園して、時間ができたからか、
私はどう自分の人生を生きたいの?
家族を始め、回りに自分のできる「何」を与えてこれから数十年生きたいの?
そのためには何を?いつ?したらいいの?どんなふうにしたらいいの?
などいろいろ考えがめぐっていたんです。



で、色々当たってみました。就職活動をしました。とりあえず前に一歩踏み出してみたら
見えてくることもあるし。

       kouen110705.jpg
        バイラが「僕、学童行きたい!」と言い、それに対して私が「マミイが働いてないと
         学童には入れないんだよ」といったとき、「じゃあ、マミイ働けばいいじゃんっ」って。
         マミイはそれを強い後押しと感じたのよ




内定をもらえたところあり、書類審査で落ちたところあり・・・。




そして、結局、在宅での仕事をすることにしました。

毎日じゃないし、時間もフルタイムではない。でもやりがいのある仕事だと
私は感じる仕事です。



その仕事が決まってから、やらなくてはいけないことがたくさんありました。
私が仕事をしている間、バイラ・ビーンはどうする?
彼らが急に病気になったらどうすればいい?
長期休みの時は?
仕事が始まる前の研修日々(10日間)は彼らをどこに預ければいい?
などなど・・・。

学童に問い合わせをし、ファミサポの登録をし、ファミサポしてくれる方を決めるための
顔合わせをし、子供が病気の時のサポートサービスについて調べ・・・・

やっとめどが立ちそうになったと思ったら、もう今日から研修が始まりました。
終日研修です。そんなのホント10年ぶりくらいです。
しかもすでにその研修はスタートしており、私は個別の補講を受けながら
みんなに必死についていく感じ。
しかも毎回どっさり課題が与えられる・・・・。

やっていけるのか、私。
いや、やっていくんだー。

だって、バイラも今日はファミサポさんのおうちで初の預かり、一人でがんばってたもん。
ビーンだって、今日は苦手な延長保育を
仲良しお姉さんがいなかったけど、5時半までがんばって受けてたもん。

研修が終わって、「私にできるのかい?」と不安になりながら、どんな風に進めたらいいか
トレイナーの方にアドバイスを頂き、駅へ急ぎ、電車の中で宿題に手をつけ、
電車からおりたら車を飛ばして、ビーンを迎えに、そしてバイラを迎えに。
夕ご飯は今日は仕方が無いとし、外で済ませて、子供達をお風呂に入れ、寝る準備をさせ
寝かせ、今は洗濯をしています(朝は時間が無かった~
このブログを投稿したら、課題に取り掛かる予定。

研修後で疲れてるし忙しいけど、子ども達には精一杯の心で接しよう。
そう思いながら私なりに一生懸命のつもりだったのですが、
ビーンがお風呂中、ずっと泣き泣きだったとき、私も泣けてきました。
(そのときは、バイラはリビングでTVを見ていました)

eda110705.jpg



さびしがりーのビーン。今日は長時間の延長だし、頼りにしてるお姉さんもいなくて、
さびしくて悲しかったんだね。(最初ちょっとだけ泣いてたらしいです)
ビーンが悲しい思いをしてたと思ったら、私も悲しくて勝手に涙がでてきました。

それにびっくりしたビーンが、私の頭をなでて「よしよし」と言ってくれて、
それがまた切なくて、泣けてきて・・・。
二人でシャワーのお湯の下、ハグし合いながら「よしよし」しあってました。(変?)

バイラもファミサポ残り1時間は「マミイがお迎えに来るであと何分?」って待ってたと聞いた事も
思い出しました。
バイラは泣きはしなかったけど、お迎えに行った後、すごく甘えてきてました。
気になったので、寝る前に短い本1冊、バイラを私のひざにのせて読み聞かせました。


この時期で仕事をするって決めたこと、良くない決断だったのかな?
そんな思いがよぎった、新たな一歩の日でした。


       tetudai110705.jpg


でも1年後、3年後、10年後、きっとこの決断はこれで良かったと思えると信じたいです。
そう思えるように工夫していきたいです。


とっても長かったのに、最後までよんでいただいて恐縮縮子です。


 
 被災地の子供たちが、安心して眠ることができる日がすぐにでもやってきますように。
 被災地の方の状況が一日でも1時間でも早くより良くなりますように!
 日本の復興・復活が一日も早くかないますように。
 
 





最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!
お帰りの際、ポチっと応援クリック頂けたら嬉しいです!!
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ←こちらをクリックすると他のハーフちゃん子育てブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中)
           ←click here to vote for this article.

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ←こちらをクリックすると他の国際結婚ブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中) 


スポンサーサイト

コメント

偉いなぁ~

私も上の子が2才の時、ファミサポに助けてもらい、自宅で仕事しました。(私は深い考えもなく)
結局、引越があり1年くらいしか続かなかったんだけどね。
yatiottiさんみたいに、10年先まで考えて、その時、これで良かったんだと思えるように工夫していこうなんて、私は、そんな事、考えたこともなく、ガ~ンと打たれた感じ。
yatiottiさんなら出来るね!
陰ながら応援しています。
私も考えなきゃ。

「やりがい」を感じてることが一番だと思います。
自分が輝いていられることで、子どもたちにもよい影響を与えられることができるから・・・。

確かに、大変なことはたくさんあると思います。
夕方が戦争ですよ~。
でも、毎日新鮮な気持ちで子どもたちと接すことが出来るとおもいます。

慣れるまでは大変だと思うけれど、yatiottiさんなりのいい生活リズムを作って、仕事も子育ても楽しんでくださいね!!

これは、自分への語りかけでもあります(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぜんぜん

ポンポンさんも在宅でお仕事をされていたのですね。

私の場合、10年前、こういう選択をしていたらもっと違ったかなあというような
後悔というか、思いがあって・・・。
今までは、その時、その時を自分らしく生きていればいいと思っていましたが、
長期的な考えも必要かなと最近は感じるようになってきていたのです。

不安もたっぷりあるスタートですが、なんとか続けていけたらいいなと思っています。

スージーさんへ

おっしゃるとおりですね。

私なんか、たった1日終日研修を受けただけでヒーヒー言っていて
1日たった今、恥ずかしく思います(笑)
世の中には、毎日フルタイムでお仕事しながら家事も育児もこなしてらっしゃる
女性がたくさんいらっしゃるのにね~

まあ、慣れもあるでしょうから、
”私なりのいい生活リズム”ができてきたら、少しは余裕もできくるかな?

素晴らしいと思います!新しい事に挑戦するのは勇気が要りますよね。しかもママを頼りにしている子供が二人居たら、覚悟も必要ですよね。でも、”とりあえずやってみみる”と言うのはすごく良い事だと思います。そして、もし本当に無理だったら、一旦辞めちゃってもいいと思うんです(安易すぎますかね?)でも、諦めるのも勇気だと思います。だけど、まず1歩を踏み出したyatiotti さんの勇気、頭が下がります。私もなんだか勇気をもらいました!遠くからですが、精一杯応援してます!!

みゆきさんへ

コメント遅くなってごめんなさい。

そう言っていただいちゃって恐縮です。
私も散々うじうじ悩んだ挙句、一歩を踏み出そうと決意したわけですが、
昔から、自分で決めたことはがんばれるので、今回も
がんばれるかなーと自分を信じているところです!!

みゆきさんは、母国ではない土地で、子育てもしてらっしゃって、
それ自体が、大きな決断だったことでしょう。
そして、それを毎日がんばってらっしゃるのですから、
やっぱりすばらしいと私は思います!!
私も遠くからですが、みゆきさんのこと、応援しています!!

Secret

プロフィール

yatiotti

Author:yatiotti
ようこそ!
テキサス出身の夫と、好奇心旺盛で活発な息子(9歳)とちょっと大人びた甘えん坊娘(6歳)との日記です。
どうぞゆっくりしていってくださいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。