スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイリンガル育児

数あるブログのなかからこちらに訪問してくださってありがとうございます!!
ゆっくりしていってくださいね   
            (大切な写真たちですので、写真の無断複製・転用はご遠慮下さい。)




今日は、記録も兼ねて私たちのバイリンガル育児のことを書きとめておこうと
思います。



国際結婚をしていて子どもを持つと必ず出てくるバイリンガル育児の問題。
二ヶ国語話せると良いとか、将来有利というものではなく、二国の血を受け継ぎ
二つの文化にまたがるその子のアイデンティティに関わるという点で、
結構大事な問題。


でも、1年のうち半分ずつその国で生活するというような恵まれた環境でない限り、
二ヶ国語をほぼ同じレベルで獲得させていくには、親の相当な努力が不可欠です。



バイリンガル育児でよく言われるのは、一親一言語。
それぞれの親が自分の母国語だけでコミュニケーションをとり続けるもの。
国際結婚しているご家庭では多いかなあと私が感じているもの。


もうひとつが、家庭内一言語。家庭外一言語。
これは移住したり、外国に駐在しているご家庭で多いんじゃないかなと私が感じているもの。


我が家では上の二つとも違うやり方でした。


まず、夫さんが子どもに対して英語を使い続けることをしなかった。
日本在住暦が長い夫さん。職場も日本の企業だったため、もはや日本にいる間は
日本語のほうが出てきやすかったから。だから、一親一言語は失敗。

そして、二番目の家庭内一言語、家庭外一言語。
我が家の場合、日本に住んでいるので、家庭内が英語、家庭外が日本語となります。

これは私が否定的でした。これからも日本で育っていく可能性の高いわが子たち。
日本で育てていくなら、日本語ができていなくては幼稚園や学校で何らかの問題が出ると思ったし、
何より、私自身、海外に住んでいたわけでもない普通の日本人。
英語は、日常会話に困ることはないけれど、自分の思いを100%気持ちのまま伝えられるかというと
胸を張って「できる」とは言えません。だから、日本語で子どもに接したいという思いが強かった。



           hutari110504.jpg


というわけで、私たちのバイリンガル育児は、言ってみたら正道から外れる、適当なものでした。
子どもが小さくて、言葉を教えるときは日本語と英語で教えて、TVはほとんど英語放送
を聞かせて、英語の聞き流しや英語のDVDも積極的に取り入れて、絵本の読み聞かせも
英語の本、日本語の本両方使っていたけれど、話しかけるときは
私たちの気分に応じて時々英語、時々日本語。子どもたちは常に日本語で私たちに
話しかけ、それでOKとしていました。


読み書きに関しては、バイラが年中さんになったころから、私がフォニックスやサイトワードを
ちょこちょこ教え、バイラが年長さんになったころから、夫さんが書き(スペル)を教え始め
ていました。

結果・・・
子どもたちは英語は聞けるけど、話さない。読むのは少しできる。
アメリカのグランマや親戚といるときは英語を話すけれど、たどたどしい感じ。


そんな状況でした。

バイラも小学校に入り、そろそろしっかり英語を教え始めた夫さん。
一方、めんどくさそうに英語に取り組むバイラという図が出来上がっていました。
しかも先月夫さんは痛恨のミスを・・・。小学校1年生の終わりごろにやるべき教材を
間違ってバイラにやらせていたのです(数回)。当然難しい。
だから、バイラのイヤイヤ度はぐんぐん上がってしまって・・・・。
自信を失ってしまいました。バイラ。


一昨日、ネイティブの方と話をする機会があったのですが、単語だけで意思疎通をはかる
バイラ。ほとんど黙って聞いているだけで、自分から話しかける事も
ない・・・。そして、公園でネイティブの子が遊んでいるのを見たら、「僕はあそこで
は遊びたくないよ。だってあの子達は英語だけでしょ・・・」

バイラは本来、とっても社交的。去年のクリスマス帰省の時なんかも、
何とか文章を作って会話をしようとしていたし、実際そこそこできていました。
それに言葉なんか通じなくたって、がんがん一緒に遊ぼうと
する子でした。それが・・・



まずい・・と思いました。


夫さんとマジでバイリンガル育児について話し合いました。
(夫さんもまずいと思ったらしく、やっとこのことに真剣に向き合ってくれました)

自分たちはバイラとビーンにどれくらいの英語を獲得してほしいと思っているのか・・・
どうしたらそれができるようになるのか・・・。

で、方向性を決めました。まず、自信を取り戻させること。
そのためには「伝わった!」という経験をさせること。
そのためには英語しか使わない環境を強制的に作ること。
負担も考えた上で、こうしました。

お休みの日は家族で(ビーンは例外)英語オンリー。




私たち親同士の会話も英語。
バイラが日本語で話してきたら、その内容には反応せず(心を鬼にして・・・。)
それを英語で言い換えるように促す。
難しそうなら、英語にしてあげて、それを言わせる。


かなり、めんどくさいです。いらいらします。でもここはがんばりどころかと。
子どもはすぐになれるものです。3日目の今日は、バイラの英語での発話も増え始めました。


子どもは4歳くらいから自分の母国語を決めたくなると聞いたことがあります。
だから、いつまでも二つの言語ごちゃまぜは良くないと・・・。
きちんとスイッチングをしてあげる必要があると・・・。

我が家の場合、今後しばらくは、お休みの日かどうかが、スイッチになりそうです。


 
 
 被災地の方の状況が一日でも1時間でも早く良くなりますように!
 日本の復興・復活が一日も早くかないますように。
 
 


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!
お帰りの際、ポチっと応援クリック頂けたら嬉しいです!!
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ←こちらをクリックすると他のハーフちゃん子育てブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中)
           ←click here to vote for this article.

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ←こちらをクリックすると他の国際結婚ブログがたくさん観られます(ランキングにも参加中) 
スポンサーサイト

コメント

なるほど~

すごく参考になりました!!

英語が完璧じゃなくてもガンガン話しかけていた、ちょっと前のバイラ君と英語オンリーのお友達と遊ぶ事を拒否した最近のバイラ君、彼の精神面での成長がすごくうかがえますね。

小学生になるとお友達も増える/変わるから、他のお友達から「英語できるの?」「英語話してみて~」なんていう興味本位な質問を受けていたりするのかな?(うちの長男は保護者からそのような質問を受けていました。汗)

一言で「国際結婚」「バイリンガル育児」っと言っても十人十色ですよね。
一般的にあれが良い、これが良いっとは言いますが、きっとその家庭にあった方法を見つけ出すのがベストなんでしょうね。 『英語オンリーの祝日作戦』(勝手に作戦と命名)がバイラ君の自信を取り戻すよいきっかけになるといいですね^^ 

その大変さ、わかる

ウチも同じく国際結婚家族だし、日本に住んでいたし、バイリンガル育児の大変さは、分かるよ。
今度のyatiottiさんの作戦、いいね。
もう、親のアイディア勝ちっていうか、作戦勝ちっていうか、試行錯誤したぶん勝ちかも?!
最近、そんな風に思えてきた。
頑張りましょう!

初めまして!!

以前から、楽しく拝見させて頂いていました。
うちと環境がよく似ていて、勝手に親近感持たせて頂いていました(^_^;)
うちも旦那がアメリカ人で日本在住、5歳と3歳のハーフの息子君が二人です。
うちの旦那も、日本生活が長く、会話はほぼ日本語。
必然的に子供達も会話は日本語。
うちは、英会話教室をやっているから、レッスンに子供達を強制的に入れてますが
アメリカからの電話はダディの言う通りマネして言うだけ状態・・・。
まだまだです。
うちも、うちなりのバイリンガル教育、頑張らなくては・・・

これからも更新楽しみにしています。
私も少し前からブログやってます。
もしよかったら、お時間ある時に覗いてみてください。

airaさんへ

我が家の場合・・・なだけですが、参考になれてうれしいです。

確かに彼の精神面での成長を感じますね。
と、同時に、そんな風に感じるようになってきたからこそ、英語を敵にしないようにうまく導いてあげられたら・・
とも思いました。

「僕はみんなとちがうみたい」的なことは幼稚園に入ったころからうすうす気づいてきていて、
「英語できるの?」といった質問にもよくされるし、普通に答えています。
その「違い」、今のまま、普通に受け入れてほしいし、お友達もそんな風に受け入れてくれたら
うれしいです。

そう、バイリンガル育児は、十人十色。だと思いますね。
いろんな状況で何をするのがいいか、変わってくると思います。
いろいろ考えて、試してみようと思っています。

ポンポンさんへ

共感してもらえてうれしいです!
親の工夫次第で、どんな風にでもなっていくんでしょうね。
だからあきらめないことが大事なんだろうなあ。

いろいろ試してみようと思います。
環境は逆ですが、一緒にがんばりましょー

mikiさんへ

親近感、どうぞどうぞ!!
コメントありがとうございました。
mikiさんのブログにもお邪魔させていただきました。

ダディが英会話教室をやっているって、良い環境ですね!!

自然にバイリンガルになるならうれしいですが、なかなかそうも
いかないから、いろいろ試してみるしかないですね。
これからもよろしくです!!

No title

すごく子どもたちのことを考えてバイリンガル育児やってるんですね。
感心しました。

我が家は一親一言語。
といっても、努力しているのはダディのみ。
日本で生活していると、日本語はどんどん上達してくる。
でも、その日本語のレベルと同じように英語を上達させるのは至難の業。
ダディは、子どもたちが日本語を話すと毎回英語にいい直しをさせています。
読みも、書きも、やりすぎだと思うくらい・・・。
私にはそんな忍耐力はありません。

yatiottiさんのように、夫婦で努力することは素敵だと思います。
私もそんな英語力があればしたいのですが・・・(笑)


No title

すごい!すごいすごい!良く考えてるんですね。
私は本当に適当です。。。
うちの両親は英語全然話せないからショーンには日本語をちゃんと学んで欲しいんですが、やっぱり口から出る言葉は英語が80%。たまに出る日本語は英語なまりの日本語。私は昼間はひたすら日本語を話してるのに。。。本当に悩みどころです。ダンナがうちに居る時に私が日本語でショーンに接してると”なんて言ったの?”って聞いていて、ショーンに今言った事を今度は英語で説明しなければならない。。。。めんどくせーーー!ですけど、やっぱり忍耐が必要ですね。見習って私も頑張ります!

No title

バイリンガル育児って大変なんだね。いつも思うけどYatiottiも旦那様も子供達のことを本当に真剣に考えて取り組んでいるんだなぁって、すごいなぁって思うよ。
バイラ君、今は日本人お友達の倍努力しなきゃいけないから大変だと思うけど、将来絶対あの時頑張ってよかった、マミー&ダディーありがとうって思う日が来るとおもう!!

大人になってからの語学習得は本当に大変だよね。どんどん英語が頭から抜けていっている今日この頃。。。v-12
うちの旦那も日本語苦労していると思います。
我が家は普段日本語ですが、日曜日だけ私の為に英語Dayにしてもらってます。
でも気がつくといつの間にか日本語しゃべっているって事もしばしば。気をつけねば。。。

スージーさんへ

今までは夫婦では努力していませんで・・・。
私だけがあたふたしながら空回りしていた感じでした。

スージーさんのところのダディは本業ですものね。
頼もしい・・・。
めんどくさいのですが、
きっと将来、子どもたちはやってて良かったと思ってくれると信じてます!!

みゆきさんへ

そうっか、だんなさんが日本が分からないとそういう面倒なこともあるんですね。
忍耐が必要ですよね、バイリンガル育児って。
でも、みゆきさんのご両親が英語が話せないならば、やっぱりあきらめないで
細々とでも続けていくといいですよね。

えのさんへ

いえいえ、そんなことないですよ。
きっと国際結婚をして、子どもができたら、みんな直面する、逃げにくい問題なんだと思う。
というわけで、えのさんご夫婦にも子どもができたら必然的に浮上してくる問題かと・・・。
(脅してごめん)

でも、普段から二ヶ国語を使うって、脳みそに良いと思う。
日曜だけ英語DAYなんて、いいじゃない!

えのさんは海外生活もあったわけだし、本格的になればきっときっとぐんぐん出てくるんじゃない?

参考になります

初めまして。私も国際結婚組(海外在住ですが)、バイリンガル育児に興味があり、まだ2歳ですがいろいろと考えています。yatiottiさんのお子様たち(かわいいですね!)の状況を読ませていただいて参考にさせていただきます。やはり周りの環境や話しかけられる言語の割合によって、子供の発話って柔軟に変わっていくものなんですねー。一時期でも英語月間とか英語Dayを増やしていけば英語がだんだんできるようになるし、すべては親次第ですよね・・・。
住んでいる所の言語が一番強くなるのは自然だし避けられないとして、やはりマイナー言語(日本在住だったら英語・海外なら日本語)にできるだけ触れさせて、補強していくのがいいんでしょうかねー。使わないとすぐ忘れそうだし、Keep Upが難しそうです。

Lilacさんへ

はじめまして。コメントありがとうございました。
Lilacさんのブログにもお邪魔させていただいてきました!!!
マルチリンガルにも取り組まれてらっしゃるんですね。
とっても真剣に取り組んでらして、いろいろ研究されてて、脱帽です。

どこにいてもバイリンガル、マルチリンガル育児は、ちゃんとやろうとしたら、
周りの大人がきちんと環境を作ってあげないとだから、大変ですよね。
でも国際結婚の子どもとしては、それが将来きっとその子にプラスに働くんじゃないかな
とも思います。

お互い無理のない範囲で、がんばりましょうね!

No title

はじめまして!
ブログ村から来ました♪

うちはまだ子どもはいないですが、やっぱり気になるところでした。
インターナショナルスクールに入れる・・・とかそんな話も出てましたが、金銭的にも大変だし。
私が英語がすらすら話せるわけではないし、家で英語って言うのも難しい・・・

日本で住んでる国際結婚の方って少ないですよね?!
結構結婚すると海外に住んでいらっしゃる方が多いです。
そんな中、やっぱり同じようにお父さんがイギリス人の友人がいますが、2人とも日本語で、お父さんが話す英語は理解しているようですが、自ら英語を話そうとはしません。
2人とも日本の小学校に行っています。
そういうのを見ると、日本でバイリンガルって難しいなぁ~ってつくづく思います!

Misaさんへ

始めまして!!コメントありがとうございました。

Misaさんの周りでは、国際結婚をして日本に住んでいる方が少ないのですね。
私の周りでは・・・結構います・・・。

日本でも海外にいても、子供をバイリンガルに育てようと思ったら、
親の努力は必須になってきますね。間違いなく。
自分が住んでいる国の言葉が強くなるのは当たり前だし、そうでなくては
困る部分も出てくるでしょうね。出ないと生活範囲も狭くなってしまうし、
不便も出てくるでしょうし。

でも、ハーフちゃんだったら、どんなに二つの言語、文化に比重の差があっても、
両方の言語、文化に触れながら育っていってほしいと思います!
完璧のバイリンガルでなくても、こどもに機会を与え続けるのが大事かなー
なんて私は思っています。

また遊びに来てくださいね!

うちも!

はじめまして、こんにちわ!

うちも3歳児がおり、バイリンガル育児に取り組んでいますが・・・とても似ています。
小学校を機にインターに入れるかどうか、悩みどころです。
うちは家庭内一言語です。以前読んだ本によると、マイナー言語(うちの場合は英語)に生活の30%以上触れていないと、聞くことはできても、自ら話すことはしないという状態になるそうです。なので以前は一親一言語だったのですが、機会が少なすぎるので家庭内一言語にしました。結果、今は家庭内では英語と日本語がかなり混ざっていて、"Just a こんな little bit" とか言ったりしますが、その本によると、これも一つの成長過程?らしいです。

あとは子供の場合はモチベーションが大きく影響するので、やはり英語で話すことがどれだけ楽しいか、というのを肌で感じてもらうのがいいそうです。英語で話せる自分がかっこいい!英語が話せると友達が増えるなど、大変ですが、そういう環境づくりが必要かと思い、なんとか機会を見つけてはアメリカに行こう!とがんばってはいます。

でも、まだまだぜんぜんバイリンガルといえるレベルからは程遠い状態です。

また遊びに来ますね!更新、楽しみにしてます!

シュミトモさんへ

初めまして。コメントありがとうございました。

学年が上がるに連れて、バイリンガル育児はさらに
大変になってきています。(現在我が家の息子2年生。娘年中)

マイナー言語が生活の30%ですか・・・・
私が働き始めて、子どもを預ける時間が増えた今、難しいなあ。

マイナー言語が、母親の言葉なのか、父親の言葉なのか
も大事なポイントになってきますよね。母親の言語がマイナーの
方がやりやすいような印象を持ちます。

でもあきらめずに何らかの形で続けていきたいと思っています。

No title

Yatiotti さま

そうですよね、、、小学校のこと、私も今から気になってます。
バイリンガル育児のためのアフタースクールなんか、あったらいいな~とは思うのですが、これというのがなかなか見つかりません。
もうー自分でつくるか?なんておもっちゃいます(笑)。

確かに海外で子育てしているほうが、なんとなく自然にバイリンガルになっているような気がしますよね、、隣の芝生でしょうか・・・。

でも完全に家庭内英語、テレビも英語のみにし、公立小学校に通わせてバイリンガルになった子も知っていますので、努力すれば実を結ぶかもしれませんね!

これからも貴重な情報、シェアできればうれしいです!

シュミトモさんへ

コメント遅くなってごめんなさい。

バイリンガル育児は大変なことも多いですけど、
できるようにしてがんばっていきましょうね。

お互い。
Secret

プロフィール

yatiotti

Author:yatiotti
ようこそ!
テキサス出身の夫と、好奇心旺盛で活発な息子(9歳)とちょっと大人びた甘えん坊娘(6歳)との日記です。
どうぞゆっくりしていってくださいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。