スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地震!

数あるブログのなかからこちらに訪問してくださってありがとうございます!!
ゆっくりしていってくださいね






昨日の地震が起きたとき、私たちはいつもの公園で遊んでいました。

地面が揺れていて、急いで公園内の広場にみんなであつまって座り、
地震が収まるのを待ちました。
電信柱も、近くの教会の十字架もゆらゆら揺れていました。


その後も余震は続き、帰宅してみたら私たちの住むエリアは停電・・。



交差点の信号も停止。
コンビニの前には行列・・。
そして、暗くなっても停電していたため、私たちは
キャンドルナイト。
初体験だったので、キャンドルを立てるものがなかったり、
ビーンは怖がったり・・・。


何とか、子どもたちを怖がらせないように明るく振舞っては
いたものの、ほんとに怖かったです。


キッチンでは開いた扉から落ちたシャンパングラスが割れてたし、
漬けおき中だった鍋の水が床にこぼれてびしょびしょ・・・。
でもそれだけで済んでラッキーだったと言えるでしょう。


幸い、電気も5・6時間で復旧しました。


怖かったです。



でも宮城をはじめ、東北や、関東で地震や津波の被害に会われた
方々、はいうまでもなく、というか比較するのが
おこがましいくらい、もっと大変な状況にあります。

どうか、1日も早く、普段の生活に戻ることができますように。
強くお祈りしています。

そして、ご家族や大切な人をなくされた方には心から深くお悔やみ申し上げます。


ところで、

日本に来て地震というものを経験するようになった夫さん。
もう日本に住んで8年ですから、慣れてきてはいますが、
昨日、真夜中に電話で、「(普段の状態で車で片道30分以上の)駅まで迎えに来て」と。

そのときは、まだ近所の共働きご夫妻のお子さん(4歳)を預かっていたし
(ご夫妻は仕事場所から4時間かけて歩いて帰ってこられました)
バイラとビーンもその子と一緒に寝ていました。

3人を連れて余震もある中、車で出かけるのかい?しかも道路は大渋滞。
もしくは3人だけを家に置いて往復1時間以上もの
道を運転するのかい?



当然、私はお断りしましたが、
帰ってきた夫さん、「寒い中2時間もタクシーを待った」とご立腹でした。

だから私はその前の電話で、
  「こちらはみんな無事だから、急いで帰ってこなくていいよ。
   なんなら明日、電車が復旧してから帰ってくればいいよ。
   近所のお嬢さんも預かっているし(そうそう動けないよ)・・。」と
  電話で言っていたのですが、夫さん的には迎えに行かなかったことが
  信じられない!状況だったようです。
( ご夫妻がその後お嬢さんを引き取りにこられたのですが、夫さん、「その後ででも
 迎えに来ればよかったじゃないか?」だそうです。)


私はお嬢さんをご夫妻に無事返して、安心して寝ちまっただよ。
寝かしつけたバイラとビーンを抱っこして車に乗せ、
ハラハラしながらその女の子を迎えに行って、
渋滞を経てやっとで帰ってきてたからさ。



夫さんは大の大人。しかもまだ若い。きっと自分でなんとかしてくれると思ってさ。



こんな私って、鬼嫁なの?



人気ブログランキングに参加中です。
(下のボックスをぜひクリック下さい!)応援!クリックお待ちしております!!
                                      
                          
*いつもクリックいただいてる皆様、心から感謝しています!!元気と癒しをありがとうございます!!

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ←こちらをクリックすると他のハーフちゃん子育てブログがたくさん観られると同時に
          私宛てに応援ポイントが入ります!!
           ←click here to vote for this article.

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ←こちらでもOK(カテゴリー変更しました。) 
            
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yatiotti

Author:yatiotti
ようこそ!
テキサス出身の夫と、好奇心旺盛で活発な息子(9歳)とちょっと大人びた甘えん坊娘(6歳)との日記です。
どうぞゆっくりしていってくださいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。